2016.02.09(Tue)

広告宣伝費のコスト削減!反響・効果が出る新聞折込広告を配布する最適な曜日

広告宣伝費のコスト削減!反響・効果が出る新聞折込広告を配布する最適な曜日

この記事を執筆した人

佐藤 雅俊
佐藤 雅俊(@vovls2005
WEBディレクター
社内・社外にてWEB系のお仕事してます

本日は、新聞の折込広告を配布するにあたって、最適な曜日についてお話していきます。

新聞折込で折込チラシを配布する「曜日」選びは非常に重要です。
新聞折込広告というのは、チラシを配布する予定の地域の人々の生活に密着した広告です。
新聞折込広告を使うメリットにもあるように、新聞の購買層の約70%が折り込みチラシを確実に見ています。特に主婦層を中心に読まれています。

せっかく新聞折込広告を打つのであれば、既婚の主婦層だけでなく、未婚の若い世代にも広告チラシを見てもらいたいものです。
少ない費用でより多くの反響と集客効果を得る事は、広告を打つにあたっての大切なポイントです。

新聞折込チラシを見る人が最も多いのは土曜日

まずは、新聞折込で広告を打つ前に、新聞が配られる各家庭で、新聞折込広告がどの曜日に見られているかを知っておきましょう。
正しい知識を得る事で、無駄なく広告で集客をするコツが掴めるようになります。
新聞折込でチラシが読まれる曜日
こちらの表は、新聞の折込チラシの閲覧状況です。曜日別に折込チラシを見ている人の割合が分かります。
※朝日大学マーケティング研究所が実施したアンケートで、スポーツ紙以外の新聞を自宅で定期購読している首都圏在住の20歳~69歳の女性を対象にした「新聞の折込チラシの閲覧と消費行動に関するマーケティングデータ」です。

全体の新聞購読者から見ると、全体の8割以上が新聞折込チラシを毎日見ている

全体の新聞購読者で、折込チラシを見ている率
全体の新聞購読者を見ると、土曜日がピークで、1週間で1番チラシを見ている人が多い。その他の曜日でも、チラシを見ている人は平均して約80%程度と非常に高い数値が出ている。

未婚者の新聞購読者は、約6割が新聞折込チラシを毎日見ている

未婚者の新聞購読者 曜日で折込チラシを読む割合
全体の新聞購読者の折込チラシを見ている割合を見た後だと、だいぶ少ないように思えますが、それでも半数以上の方が毎日のように新聞の折込チラシを見ています。
週末の土曜日がピークで86.3%、日曜日は77.5%と下がりますが、週末のチラシ効果は確実にありそうです。

既婚者の新聞購読者は、約9割が新聞折込チラシを毎日見ている

既婚者の新聞購読者が新聞折込チラシを見ている曜日の割合
最後は、既婚者の新聞購読者の割合です。見ていただくと分かりますが、土曜日が折り込みチラシを見ている人が一番多いことに変わりはありませんが、新聞折込チラシを見ている人の割合が「週末と平日で大差がない」状態です。
特に平日の中でも、火曜日が90.2%、木曜日が93.0%と、土曜日に迫るほど非常に高い数値です。

さて、ここまで全体・未婚者・既婚者のそれぞれの1週間においての新聞折込チラシの購読率について解説してきましたので、新聞折込広告を配布する最適な曜日についてまとめていきたいと思います。
業種によっては平日にチラシを折り込む方が広告効果が高い場合もありますが、一般的に「金」「土」「日」といった週末を狙って新聞広告を折り込む方が反響が高いです。
なので、新聞折込チラシを配布するなら、「金曜日」「土曜日」「日曜日」が一般的といえるでしょう。
とはいえ、業種によって本当に効果のある新聞折込広告を打つタイミングは違います。確実に効果がある曜日にチラシを折込するべきです。

効果的にチラシを新聞折込する業種別の曜日

以下に業種別で、チラシを新聞折込する際のお勧めの曜日をまとめました。
曜日別の効果があるチラシの業種

「学習塾や保険」の業種は、月曜日、火曜日、水曜日に新聞折込する

主婦向けのチラシは、月曜日・火曜日・水曜日です。
学習塾や保険といった業種は、高額な商品なので、夫婦で相談してから購入する場合が多いです。
また、休日に家族で過ごした直後だからこそ関心が高まる商品です。
参考までに、月曜日は購読される新聞折込チラシが一番少ない曜日です。公務員や一般的な会社のライフサイクルにおいて、一週間のうち月曜日~金曜日まで仕事で、土日は休日というのが一般的です。休みの日である週末に買い物をして満足してしまって、週の始まりで何かを買おうと思ってチラシをチェックする事がないものと思われます。
火曜日は、既婚者の購読者に対してのチラシの反響が高まる曜日です。主婦層をターゲットとするチラシの場合、火曜日に新聞折込をすると良いでしょう。「金・土・日」を抜かせば、この曜日が主婦に対して一番広告効果があります。

「アパレル・通販・エステ・美容院」の業種は、火曜日、水曜日、木曜日に新聞折込する

奥様向けのチラシは、火曜日・水曜日・木曜日です。
アパレル・通販・エステ・美容院といった職種は、週明けの慌しさから少し開放された奥様が、自分にプチご褒美で利用する事が多いです。
ただ、木曜日のチラシの枚数は月曜日と同じくらい少ないので、お勧めは出来ない曜日です。
ライバル店が新聞折込する曜日や時期に合わせて、新聞折込をすることによって、自然と同業種のチラシを目にする機会が増え、注目を浴びやすくなります。
他社に負けない自信をお持ちの場合は、お客様に対してライバル店と自店を比較して頂いて判断を委ねてみては如何でしょうか?

「家電・自動車・不動産・墓地」の業種は、金曜日、土曜日に新聞折込する

ファミリー向けのチラシは、金曜日・土曜日です。
「家電・自動車・不動産・墓地」といった職種は、休日に商談、見学を経て購入する高額商品です。
ご主人をはじめ家族の意見も大事にしたい商品なので、しっかりチラシで告知して土日に向けての集客を行うことが大切です。
家族向けのレストランなどの飲食店のチラシが多いのも土曜日です。
土曜日は、1週間のうち新聞折込で最もチラシの購読者が多い曜日です。ここを逃すのは手痛い機会損失と言えるでしょう。

「求人募集」は、日曜日に新聞折込する

求人募集チラシは、基本的に日曜日です。
古くからの慣例で、求人広告といえば日曜日で、求職者も日曜日の求人チラシを心待ちにしています。
また、家族全員で相談して購入する高額商品のチラシも折込される事が多い曜日です。

さいごに

新聞折込をして一番チラシを見られる機会があるのは土曜日ですが、業種によって効果的な曜日というのが必ず存在します。
地域密着型の宣伝方法である新聞折込を利用する際は、事前に配布予定でいる地域の家庭のライフサイクルを知ることで、反響効果の高い広告を打つ事が出来ます。
限りある広告宣伝費を有効活用するために、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を執筆した人

佐藤 雅俊
佐藤 雅俊@vovls2005)WEBディレクター
社内・社外にてWEB系のお仕事してます

コメントへの返信

入力エリアすべてが必須項目です。※メールアドレスが公開されることはありません。


更新情報


Twitter



合同会社ジョイネットは、東京都渋谷区でホームページ制作を行う専門会社です。

ホームページ制作、システム開発、ウェブマーケティング、リスティング、SEO対策などのインターネットに関わるお仕事をしております。

合同会社ジョイネット

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-22-3 三瑛ビル4F